フェンダー交換後はしばらくこの姿

2018年の4月に黒いフェンダーに交換し、しばらくはこの姿です。
ホイールは友達にもらった RS8 。 剥離して白へ塗装し黒フェンダーの装着と同時に履き替えました。

 

ハードトップはこの時点(2019年9月)で何か所か浮きが出てきています。

千葉県の内房 保田の海です。 この日は向こう側に富士山がきれいに見えていました。

フェンダー交換  中古フェンダーを買いました

届いたフェンダー  とても軽い

同色が見つからず、黒を買いました。

ヤフオクでみつかるのでとても便利です。

フェンダーとボディのズレ  ここまでしか引き出せず・・・

その後 2019年10月に同色フェンダーを手に入れました。

フェンダー交換 まず取り外します 

フェンダーがつぶれてインナーフェンダーも変形しブレーキ踏みながらステアリングを切るとちょっと干渉します。

フェンダーは中古パーツを用意したのでそれと交換します。

外してみると葉っぱが腐葉土になってました。

雨はフロントグラス先端のカウルトップを経てフェンダー内に流れ込む構造なのでゴミがたまってしまったんでしょう。錆び対策もしないといけないですね。

もし塗装をするときには、水の抜け道を塞がないようにしないといけませんね。

ライト脇のステーが ライト本体にめり込む。

ヘッドライトのフレームがバンパーとフェンダーのステーを兼ねてます。これが変形して戻りません。

フェンダー交換  

遠目にみても・・・・

うちの娘が 電柱にヒットさせて帰宅。けがはないみたいでよかった。

相手もなく完全な自損。電柱は少し色がついただけ。

外から見る損傷個所は バンパーとフェンダー。バンパーは塗ればよさそうだ。交換が必要なのはフェンダーのみ。ドライバーも周りもけがもなく幸運?

走らせてみるとハンドルのセンターが大きくズレている。タイロッドエンドの調整だけでとりあえずまっすぐには走るようにはなりました。

左右のホイールベースを測ってもらうと同じとのことなので後方にずれてはいないようです。いったいどこの寸法がどうなったのか? ステアリングの機構にダメージはないみたいで安心。(追記2019年1月現在でも問題なし)

中古のフェンダーが安くでてるのでさがします。

ジャッキアップは注意!!

パンタグラフ(車載タイプ)ジャッキを折ってしまった!

ジャッキが折れました

たたんだ時に低く車体下に入りやすいのでかなり重宝していたお気に入りのジャッキですが、不注意で破損させちゃいました。

車載のジャッキ位置にウマをかけたくて途中からメンバーの中央にこの青いジャッキをかけました。 ウマがかけられる位置にまでもうちょっとかな・・とおもっていたら後方にずれて車体が落下。 

ロドってサイドの効きが悪いじゃないですか。輪留めもやってなかった。若干後方に傾斜だったのもあり、ずるっと。

あぶなかったわ。ジャッキアップとオイル交換は慎重に・・・!

オイル交換 2  オイルエレメント

ロードスターのオイルフィルター位置はオルタネーターのちょうど後ろ。運転席側

 

インマニの真下、ホース2本の左側からスマホを突っ込むと撮影アクセスしやすい

フィルター(オイルエレメント)

とりあえず 手が入るので手で回してみる・・・・・あっさり外れた!!? 滲んでたのはこのためだったのか

使用前後、若干外径がちがう。穴の数も違う。

外れると思わなかったから受ける養生してなかった。オイルがこぼれるし・・

最近愛用のカインズホーム のオイル
安いけど100%化学合成 激しい走りをしないので edgeやXFだろうがDCターボだろうが全く違いがわからない

B6の指定容量 エレメント交換時は3.4リッターを使用

手で回るくらいオイルフィルターがゆるかったので、そこからオイルが漏れてる感じか??

工具を使いほどよく締めました。

KTC 愛用のラチェットレンチ

 

いろいろばらさなくてすみました。

 

 

オイル交換 1 オイルエレメント

ロードスターのオイルフィルター(オイルエレメント?)位置は 吸気側、スターター横というか前、オルタネーター後ろ インマニ下。

一見やりやすそうなんだけどすごくやりにくい。なのでいままでフィルターまで交換が必要な場合はお願いしてた。

ネットで他の人はどうしてるか調べたら

・下からやる  ・上から手をくねってやる ・上のスロットル系外してやる などいろいろ。

フィルターも ・手で回す  ・ドライバー突きさして回す ・フィルターレンチで回す  などいろいろ。  簡単という人もいるが、やりやすそうでやりにくいという人がほとんど。

今回自分でやってみることにした ・・・

 

ハードトップ塗装 やりなおし

以前塗装したハードトップ。 もう一度塗装することにした。

下地の調整不足、ふち部分のはがれ などが発生。 塗料も残りがあるからね。

ペーパーをかけて下地を均した。後戻り不可

近くで見るときりがないくらいひどい

マスキングしてから特設ブース(笑 ほぼ青空)で 吹いた

トヨタ アベンシス を 通して NBロードスターを考える

2017年の9月にフランスで4日間レンタカーを借りました。

508をリクエストしたが来たのはトヨタアベンシス。ツーリングワゴン?エステート?と呼ばれるタイプ。

以前ハワイでマツダをリクエストし来たのがリンカーンだったのと比べると上出来な配車です。しかも走行9500キロのほぼ新車。EUROPCARは安いうえに車もいいのか。

クルマはたぶんこれだろう。リンクを拝借  https://www.autocar.jp/firstdrives/2015/06/12/127288/3/

ディーゼル 6MT (後から知ったがターボ付き) もちろん左ハンドル

フランスで借りたトヨタアベンシス

私が普段のっているのが NBロードスター 1998年式 1.6L  。

最新のクルマを運転する機会もないので今回の装備というか仕様にはびっくりした。

とくにアイドリングストップ。(今の車にはほぼついてるらしいが)

わたしのロードスターはLSDの効きがいい。そのため低速の右左折ではクラッチきったりニュートラルにしたりしてやり過ごすことが多い。内側車輪空転してますし。

癖とはこわいもので、クラッチ切る時間が長いとエンジンストップしてしまう!!!??

エンジンスタートもキーじゃなくボタン。レースカーなのか!!  なので最初の頃は始動がわからずパリの街中で立ち往生状態になったりしてた。よけてってくれた人たちありがとう。

リバースの入れ方もわからず。 ダッシュボードからマニュアルを取り出しでようやくわかった。押し込んで入れるかと思ったらノブの下にあるリングを引き上げてシフトするなんて考えもつかなかった。

アベンシスのいいところはたくさんあるけど シート。これはいい。

動力性能として150k巡航もラク。ちょこっとふらつくことがるのは普段と逆に左手で主にステアリングを扱うからだろうか。

全工程1,260キロも乗ったがいいクルマだった。(ルックス以外)

フランスは古い車とかスポーツカーがほんとに少ないというか走ってない。

古いDSとかその他砂漠のライオン(自分的には505のこと)とかそこらへんにいるかなと期待したのに残念。日本以上に税制が厳しいのかな。

都内であれば見かけるようなフェラーリとかランボとかは全くみかけない。シャンゼリゼで観光レンタカーとして使われる数台をフランスで見た程度。 GTRとかランエボとかアメ車でさえ全くない。 ルノー、プジョー、シトロエンの大衆現行車ばかり。 ロードスターは3台見たくらいかな。NAとND。

アベンシスがしっかりした車だったので成田に戻って乗ったNBには笑えた。

ロードスターは完全なるおもちゃである。

手入れするところがいっぱいだ。 まずタイヤ含めた アシかな・・・・・ と思ったが 1時間もすると慣れ、これがいいのだと再認識した次第だった。アベンシスはオープンにならないしね!!

.

ハードトップ塗装2

このハードトップ、数年木の下に放置だったのでリアガラスは葉っぱによるシミがたくさん出来ていました。洗ってもだめでしたがコンパウンドできれいになります。

塗装の機材を購入。100Vコンプレッサーは休み休みやればできるらしいので100V仕様を。 ガンは口径だけ気を付けることにして安物を。その他ホースだったりカプラーだったりウォーターセパレータだったり、いろいろ準備。

塗料は、近所の 「カヲル興業」 で購入。 結局色はBMWミニのブラウン系「ブリリアントカッパー、ホットチョコ、アイスドチョコ」どれだったかな?。ほかにシンナー、硬化剤、クリアーを購入。 イサム塗料(ミラノ2K)にしたので 硬化剤入りのシンナー(ハイパーリアクター)も使用する。クリアー用硬化剤およびシンナーとはべつに購入しなくちゃいけない。サーフェイサー、あとはミッチャクロンもあわせて購入。 いったいいくらになったんだっけ?(あたらしい幌が買えたかも!でもこの経験は買えない。おもしろいし)

アップの写真がないのでわかりにくいけど、下地の凹凸、メタリックのムラ、落ちてきた虫の塗りこみなどなどなど・・・・ でも色自体は狙いどおりなのでOKかな