トヨタ アベンシス を 通して NBロードスターを考える

2017年の9月にフランスで4日間レンタカーを借りました。

508をリクエストしたが来たのはトヨタアベンシス。ツーリングワゴン?エステート?と呼ばれるタイプ。

以前ハワイでマツダをリクエストし来たのがリンカーンだったのと比べると上出来な配車です。しかも走行9500キロのほぼ新車。EUROPCARは安いうえに車もいいのか。

クルマはたぶんこれだろう。リンクを拝借  https://www.autocar.jp/firstdrives/2015/06/12/127288/3/

ディーゼル 6MT (後から知ったがターボ付き) もちろん左ハンドル

フランスで借りたトヨタアベンシス

私が普段のっているのが NBロードスター 1998年式 1.6L  。

最新のクルマを運転する機会もないので今回の装備というか仕様にはびっくりした。

とくにアイドリングストップ。(今の車にはほぼついてるらしいが)

わたしのロードスターはLSDの効きがいい。そのため低速の右左折ではクラッチきったりニュートラルにしたりしてやり過ごすことが多い。内側車輪空転してますし。

癖とはこわいもので、クラッチ切る時間が長いとエンジンストップしてしまう!!!??

エンジンスタートもキーじゃなくボタン。レースカーなのか!!  なので最初の頃は始動がわからずパリの街中で立ち往生状態になったりしてた。よけてってくれた人たちありがとう。

リバースの入れ方もわからず。 ダッシュボードからマニュアルを取り出しでようやくわかった。押し込んで入れるかと思ったらノブの下にあるリングを引き上げてシフトするなんて考えもつかなかった。

アベンシスのいいところはたくさんあるけど シート。これはいい。

動力性能として150k巡航もラク。ちょこっとふらつくことがるのは普段と逆に左手で主にステアリングを扱うからだろうか。

全工程1,260キロも乗ったがいいクルマだった。(ルックス以外)

フランスは古い車とかスポーツカーがほんとに少ないというか走ってない。

古いDSとかその他砂漠のライオン(自分的には505のこと)とかそこらへんにいるかなと期待したのに残念。日本以上に税制が厳しいのかな。

都内であれば見かけるようなフェラーリとかランボとかは全くみかけない。シャンゼリゼで観光レンタカーとして使われる数台をフランスで見た程度。 GTRとかランエボとかアメ車でさえ全くない。 ルノー、プジョー、シトロエンの大衆現行車ばかり。 ロードスターは3台見たくらいかな。NAとND。

アベンシスがしっかりした車だったので成田に戻って乗ったNBには笑えた。

ロードスターは完全なるおもちゃである。

手入れするところがいっぱいだ。 まずタイヤ含めた アシかな・・・・・ と思ったが 1時間もすると慣れ、これがいいのだと再認識した次第だった。アベンシスはオープンにならないしね!!

.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA