助手席側のマットが濡れたままだった。フロアびっしょりで処置。

ECUの電解コンデンサーを交換しようとおもっていたのではずしていきます。

この場所だめですね。

移設することにします。

皆さんの例をみてみると、

ダッシュボードのエアバッグを外してその場所に。

グローブボックス内。

ダッシュボード下グローブボックス下吊り下げ。

フロア ドア側縦に置く。

フロア センタートンネル側に縦に置く。

この5か所が候補になります。

移設のメリット

移設のメリットは雨対策と足元スペース拡大になります。

エアバッグがせっかくついてるのに外すなんて頭おかしいです。

フロアにおいたら邪魔なままですし濡れます。

ダッシュボード下に吊り下げて蹴られでもしたら最悪です。

グローブボックス内に設置

いちばんメリットが享受できるグローブボックス内につけることにします。

ワイヤーケーブルの延長は不要です。ステーの作成も不要です。でも物が入らなくなります。

配線の通り道確保

グローブボックスを外して底に穴をあけます。

グローブボックスはねじを外す必要なく外れます。ストッパーをぐいっとまげて上側がはずれます。開口部を手前にさげると下の運転席側を手前に引くだけです。片方は穴に棒が突っ込まれているだけです。

ステップドリルはほんとに便利で横方向にも穴が拡大できます。樹脂だと開けすぎないように注意が必要です。

まず、ABSの回路用のコネクターを通します。これが大きいため、大きい穴になりました。

次にECUのコネクター(緑)を通します。

ワイヤーハーネスのくせからすると今回のような向きよいのではないでしょうか。

走ってみてがたつくようであれば何か緩衝材を置くようにします。

ECUの筐体にアースは不要でした。