ハードトップ塗装1

2014年に友達からハードトップをもらいました。その当時からのメモになります。

もらった当時、あまりに表面状態がひどいので研磨パテ埋め後サーフェイサー缶を吹きました。じっくり何色に塗装するか考えます。なのでしばらく つや消し白のルーフで載せていました。

フロントバンパーを補修した時缶スプレーは難しいと感じたので、ハードトップはコンプレッサーとガンを使いウレタンで塗ることにします。

いろいろと調べると、庭先でやっちゃってる人もいますのでこれに倣うことにしました。 貸し塗装ブースもないことはないのですが近くでも茨城と神奈川です。 ハードトップを引き上げてきた(ずっと置きっぱなしだった)のは、友達の友達の会社である板金塗装屋さんなのですが、まさか図々しく場所を貸してくれとはいえません。 そこの塗装屋に頼めばいいのでしょうが、自分でやってみたいので頼みません。

機材購入、色決定し調色依頼が必要です。

 

水温計取付5

配線はセンサー以外をオーディオからすべて分岐させました。Y型分岐を4つくらい作ったかな。USB電源取り出しは、ACCではなく常時電源から取りました。バッ直配線を作りたかったけど次回へ。エンジン切っていてもスマホの充電ができます。メーター横のトグルスイッチはアンテナのキャンセル。この機種はカーステオンでアンテナがあがるのでラジオ以外の時には手動でキャンセルできます。この並びにウインドウのスイッチをもってきたいですね。(この作業は2017年6月におこないました)

水温計取付4

メーターパネルを作ります。

木工の世界。正面は3ミリ厚の合板。横は4ミリ程度のMDF。木目がダッシュボードのシボに合っていてよかったです。いずれも家にあったものですが。

 

つや消しブラックで4回くらい吹きました。吹いた直後はぎらぎらしてますがすぐにつやは引けます。

 

かなり便利なリーマーです。友達に以前おしえてもらいました。ホームセンターではかなり高いビットなのですが通販で数百円でした。     続く

水温計取付3

半分に切ったエンジン側のホースを残し、車体側にはあたらしいホースをとりつけました。この中間にセンサーアダプターを入れます。

 

センサー配線。車体引き込みは 運転席側のグロメットからにします。 外のコードを傷つけないようにXの切込みを入れセンサーのラインを社内に引き込みます。 ブレーキマスターの奥、ヒューズボックスをずらして作業します。

 

これは運転席下からみたところ。この位置からの引き込みだと内装や部品を外す必要がありません。下に見えるペダルはアクセルです。ここからセンターコンソールへもっていきます。青いカプラーと線がはずれないように両方をステンレスワイヤーで固定して引っ張りこみました。

水温計取付3 

センサーアダプター取付位置はエンジンの奥、 オイルレベルゲージ(黄色)の隣のホース。 固すぎて外れない・・・・ (エキパイが外れているのは別の作業の時の写真だからです)

 

 

ヒーターパイプは外れないので 切断。 (作業中にレベルゲージの取っ手は折れてしまいました)。 それでもエンジン側は外れない。このまま縦に裂くか?? クーラントは抜かずにそのまま漏れる分をタオルで受けています。

 

センサーとホースの接続。 新しいホースを半分に切って、途中にセンサーアダプターを入れます。センサーの線が非常に細く被膜ももろいので断線が心配です。

エンジン側のホース半分は外れないので残し、今回は車体側ホースだけを交換しました。 つづく

水温計取付2

水温計取付の手順

センサーアダプター組立 → ヒーターホース(新品)をカットしセンサーアダプターと接続 → ヒーターホース(車体についているもの)取り外し → センサー付きヒーターホース取付 →  車内引き込み用にグロメット切り込み、そこからセンサー用コードを車内へ →メーター配線用分岐端子作成 → メーターパネル作成(ついでにUSB電源取り出し口とアンテナオフスイッチを取付)オーディオ下に取り付け → ラジエターキャップ開けて エア抜き 補水 → 動作確認し終了

本当はバッテリーカットが基本なんでしょうが、やるの忘れました・・・

つづく

 

 

水温計取付1 追加メーター 

ラジエター交換といっしょにやりたかった水温計取付。ヒーターホースを買ってきたのであらためて取付けました。

NBの水温計はほぼ動きがないので、水温をモニターするためにはノーマルメータの中をいじってリニア化する場合と、水温計を追加する場合があります。ノーマル改造はいろんな方がやっています。

後付け水温計はいろんなメーカーからでています。今回はオートゲージの直径45ミリタイプを選びました。一番の理由は安いから! 45ミリだとギリギリ1DIN(カーステ位置)に収まります。

また、センサー取付位置もアッパーホース派 と ヒーターホース派がいて ほとんどがアッパーホース派みたい。でも今回はヒーターホースから取り出すことにしました。これだと冷間時も動いて面白いかなというのが大きな理由です。

つづく

ラジエター交換3

ファンを装着し、リザーブタンクとのパイプ接続、ロアーホース接続を確認、ラジエターのドレンを確認し液補充、キャップを開けてしばらくエンジンをかけてエア抜き。

前側をジャッキアップしていたからかすぐにエア抜き終了。

いつラジエターの樹脂部が崩壊するか不安だったので、ひとまず安心。

 

バラして発見したもの

・エンジン前方からのオイルにじみ         車検に影響するまでにはなってないと思うのですが、いずれ処置が必要です。 ミッション側も若干滲んでいるのでいつやるかといったところでしょうか。

・エアコンコンデンサー接続部からのオイルもれ   エアコンオイルが漏れているということは、ガスも漏れてるということなのでこれもやらないと・・・

・エアコンコンデンサー自体の湾曲  新しいラジエターが引っ掛かるくらいに湾曲してたので、少し調整(強引に引っ張る!)してラジエターを入れなければいけなかった。 前のオーナーがバンパー直した形跡があったので、それが影響してたんでしょうね。

・パーツだと思ってたものがちがったこと  ずっと何かのドレンだと思っていたのに、どうしてこんなものが??? なんでこんなものが、いつから????

・ヒーターパイプが固着して外れない

 

・そういえばスロットルバルブの中を見てない

同時にやろうと思っていた水温計の取付は、ヒーターパイプが外れないので日をあらためて行います。

ラジエター交換2 いろいろ不具合発見

アッパーホースの接続部にマイナスドライバーを何の気なしに突っ込んだら樹脂部が崩壊。もう交換するしかなくなりました。

エアフロのところから外して 作業スペース確保 ほんとロードスターはスカスカでいい。エアフロもその後のスロットルバルブもきれいで安心。

 

ここまできれいでよかったのだが、エンジンの前側もオイルにじみあり。さらに・・・・

ファンをはずす。 計6箇所のボルトと カプラー2箇所で外れる。エアコンオイルもれか~。なぞのドレンパイプもあるし

 

ラジエターは上部の2箇所をはずすし下のホースを外してから上に引き上げるだけであっさり外れる。 下のサービスカバーから作業。(もちろんLLCはドレンから抜いておきます。)

このときエアコンコンデンサーからオイル漏れ確認。 エアコン効かないわけだ。 しかもえらくコンデンサーが湾曲してる。NSR並みではないがなぜ湾曲?アッパーホースとファンをはずすと怪しいパイプあり?前から気になってたパイプ。 いったいどこにつながってるのか??

つづく

 

ラジエター交換

ラジエターが腐食崩壊寸前

社外の新品ラジエター(8000円くらい 「cooling door 」さん)とアッパーとロア ホース2本(純正)を購入。分厚いレーシングラジエターは高いので、ノーマルと同じ厚さのラジエター。サーキットに行き始めたら厚いのに交換しよう。

ちょっと アッパーホースを外してみる

マイナスドライバーを突っ込んでみたら、アッパーホースの接続部が破損。後戻りができない状態になりました。 ただでさえもろくなってる樹脂パーツに金属の工具を使ってはいけません。   つづく